サイトマップリンクについてメール

トップページ > コーヒーダイエットとは> コーヒーダイエットとは

コーヒーダイエットとは

コーヒーダイエットとはコーヒーを飲んでダイエットする、とは一体どういうことなのでしょう。

まず、コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪を分解して血液中に放出する働きがあります。

難しく言えば…カフェインを摂取すると、交感神経が活発になってノルアドレナリンが分泌されます。また、ノルアドレナリンによって褐色脂肪細胞が刺激されるとリパーゼが生成されます。
生成されたリパーゼは、白色脂肪細胞に運ばれ、蓄積された脂肪 ( 中性脂肪 ) が分解されて脂肪酸として血中に放出されます。

カフェインのこの力を利用して “脂肪を付きにくくしよう” というのが、コーヒーダイエットのそもそもの考え方です。


カフェインには、他にも消化促進作用や利尿作用、血行促進作用などの生理作用があります。いずれも体内の代謝にかかわる作用ですね。

つまり、カフェインの力によって脂肪を燃焼しやすくしているわけですので、日常のちょっとした運動でも、今までとは違う差が出てくると考えられます。
なにも新しくスポーツを始めることはないのですが、やはり自分でカラダを動かして脂肪を燃焼するきっかけを与えてあげなくてはなりません。
「飲むだけでみるみる痩せる」なんてオイシイ言葉に騙されてはいけませんよ!(笑)

トップページへ |カフェインの脂肪燃焼促進効果 ≫

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!