サイトマップリンクについてメール

トップページ > コーヒーダイエットとは> カフェインの脂肪燃焼促進効果

カフェインの脂肪燃焼促進効果

カフェインの脂肪燃焼効果コーヒーダイエットのそもそもの考え方である「カフェインを摂ると脂肪が燃えやすくなる」ということなんですが、基本的にこのカフェインによるの脂肪燃焼促進効果は、体重1kgあたり3~5mgほど摂らないと効果が出ないと言われています。

カフェインが含まれていれば、基本的にはコーヒーでなくてもいいのですよ。
たとえばコーラにもカフェインは含まれていますので、「コーラダイエット」でもいい・・・

というわけではありません(爆)


やはりカフェインの含有量が大切です。しかもコーラには糖分も入っているので、ダイエットどころではありません。
さらに・・・自分の体重に対してカフェインの必要量が決まってしまうので、通常の大人であれば、コーラではとても脂肪燃焼促進効果は出そうにありません。(笑)

ドリップコーヒーだと、カフェインは100cc中60mgほど含有されています。
体重60kgの人の場合、必要なカフェインの量は180mg程度となるので、コーヒー2~3杯分の計算になります。

カフェインは、コーヒーのほか、緑茶、紅茶などにも入っていますから、これらもうまく利用しましょう。
あと無水カフェインの錠剤などもありますが、これは、どちらかというと“眠気覚まし”に使用することが多いので、少し系統が違うかもしれませんね。

≪ コーヒーダイエットとは| トップページへ |カフェインは薬物成分 ≫

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!