サイトマップリンクについてメール

トップページ > コーヒーの効果> 他にもコーヒーのいいところは

他にもコーヒーのいいところは

コーヒーの効能どんな時に皆さんは、コーヒーが欲しくなりますか?
私は、ホッとしたい時やイライラ解消のために飲むことが多いのですが、これも1つの効能なんです。
効能としては…

【疲労回復】【コレステロール値を下げる働き】【動脈硬化・心筋梗塞の予防】
【血行促進】【善玉コレステロールの増加】【ぜんそくの発作を抑制】

では、ひとつずつ見ていきましょう…

【疲労回復】
カフェインは、神経や筋肉を刺激する作用があるので、肉体の疲労を回復させる効果があります。

【コレステロール値を下げる働き】
コーヒーに含まれるニコチン酸は、毎日適量をとることでコレステロール値を下げる効果があります。

【動脈硬化・心筋梗塞の予防】
ニコチン酸のコレステロール値を下げる効果により、心筋梗塞などの心臓病を防ぐ働きがあります。

【血行促進】
血管を広げる作用のため、血液の循環がよくなります。
脳内の血流を良くすることによって、脳血管性の偏頭痛を静める効果もあります。

【善玉コレステロールの増加】
コーヒーを飲み続けると善玉コレステロールの高密度リポタンパクが次第に増加します。

【ぜんそくの発作を抑制】
ぜんそくの発作は、自立神経の一種である副交感神経が緊張しているときに起こりやすいといわれていますが、コーヒーには中に含まれるカフェインにより、もうひとつの自立神経である交換神経を興奮させる作用があることが古くから知られています。これによって副交感神経の働きを抑え、ぜんそくの発作を起こりにくくします。

その他、老化防止、利尿作用、消化促進、脂肪分解、ガンの抑制やB型肝炎の発症抑制の効果などもあります。

≪ ガンや老化予防| トップページへ

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!