サイトマップリンクについてメール

トップページ > おいしいコーヒーのいれ方> とっておきの1杯を

とっておきの1杯を

おいしいコーヒーの入れ方おいしいコーヒーをいれるには、おいしい豆とおいしい水と器具と...そして、その味をさらに引き立てるためには、思いやりや愛情、小さな心配りが大切です。
コーヒーの入れ方にもペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォンなど、いろいろな方法があります。
また、一番手軽なインスタントコーヒーにも、ちゃんとおいしい入れ方があります。
代表的なところで、ペーパードリップとインスタントコーヒーのおいしい入れ方を以下にご紹介しようと思います。

【ペーパードリップ】
はじめての人でも簡単にいれられるのが、ペーパードリップです。
ペーパーフィルターは、手軽に、いつでも新しいものが使える清潔さがあります。
また、1人分でもおいしくいれることができるのも、ペーパードリップの魅力です。

1.あらかじめ温めたポットの上にドリッパーをのせます。ペーパーフィルターのシール目を交互に折り曲げ、ドリッパーにセットし、全体に熱湯を通します。

2.コーヒーを定量分、計って入れます。1杯分につきティースプーンに山盛り2杯(約8g)が目安です。

3.沸騰した湯を少し落ちつかせてから、粉全体にゆきわたるように少しずつ注ぎ、10秒ほど蒸らしましょう。粉が膨らんでおいしい味が出しやすくなります。

4.粉が膨張したら、泡が消えないうちに、1回または数回に分け、人数分の湯を注ぎ、ドリップさせます。コーヒーがポットに落ちればできあがりです。

インスタントコーヒー【インスタントコーヒー】
お湯を注げば簡単に味わい深いコーヒーができあがるのがインスタントコーヒーの特長ですが、 コーヒーが最もおいしい温度は90度前後とされています。
水道水(軟水)がお勧めですが、カルキ臭を抜くために一旦沸騰させたお湯を直接カップに注ぐのが、ベストなコーヒーのいれ方です。
コーヒーの濃さについては、一般的には、ティースプーン山盛り1杯(約2g)にお湯(140ml)が適量です。
また、ミルクの入れるタイミングですが、液状でも粉末状でも、砂糖を入れてかき混ぜた後に入れるのがベストな飲み方です。
なぜなら、コーヒーの温度を適当に下げるばかりでなく、ミルクを高温のコーヒーにいきなり入れると、コーヒーの酸とミルクの蛋白質が結合して、固まってしまう為なのです。

≪ コーヒー豆の銘柄| トップページへ |苦手な人でも飲めるコーヒー ≫

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!