サイトマップリンクについてメール

トップページ > コーヒーの効果> 肥満の原因酵素の抑制

肥満の原因酵素の抑制

コーヒーダイエットと運動コーヒーに含まれるカフェインのダイエット効果は、交感神経を刺激することだけではありません。

脂肪細胞に蓄えられた体脂肪を分解するためには、リパーゼという酵素(体内の化学反応を助ける物質)の働きが欠かせません。リパーゼは、運動を行うなどしてノルアドレナリンをはじめとするホルモンが多く分泌されると、活発に働きます。

しかし、人類は長い間、飢餓に苦しめられてきたので、生命を維持するために少々のことではため込んだ脂肪を手放さないしくみも体内に備わっています。
その1つがPD(ホスホジエステラーゼ)酵素で、この酵素が分泌されるとリパーゼの働きが抑えられ、体脂肪の分解が妨げられてしまいます。

ところが、カフェインには、このPD酵素の働きを抑える作用があるのです。
そのため、カフェインをとると体脂肪の分解が効率よく進み、その燃焼もスムーズになって、素早くやせることができます!
すでに、こうしたカフェインの働きを利用するためにコーヒーを飲むなどしてダイエットを行い、その結果、なかなかやせられなかった人でも短期間にやせることができたのです。

≪ ダイエット効果を高める!| トップページへ |ピラジンによるアロマの効果 ≫

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!