サイトマップリンクについてメール

トップページ > ダイエット法徹底比較> 低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエット炭水化物 ダイエットはダイエットの先進国といわれているアメリカで「アトキンス式低 炭水化物 ダイエット」という呼び名で注目されています。
炭水化物 ダイエットは2000万人をも超えるほどの実績者を持ち、日本人の主食とされる米・パンをはじめとする穀類などに多く含まれる炭水化物で唾液や膵液から生成されるアミラーゼという消化酵素の働きでブドウ糖に分解されて体内へ吸収されカロリーとして消費されます。

また、炭水化物 ダイエットに対する見解は、炭水化物が消化されることで生まれてくる糖質がダイエットに悪影響を与え、これらを控える代償として、脂質やタンパク質の高い食材を摂れば炭水化物 ダイエットは成功し、日本でもやっている人が多いとされる低インシュリンダイエットと基本的な原理は同様だそうです。

ご飯やパンなどの炭水化物は、ダイエットの大敵と思われていますが、炭水化物には2種類あって、太りやすい炭水化物とダイエットに効果がある炭水化物があります。

まず、炭水化物をとるとなぜ太るのでしょうか?
適量の炭水化物をとった場合、炭水化物を含む食べものをとると、胃腸で消化する過程でブドウ糖に生成されます。このブドウ糖が血液に入って行き、血糖値が上がるのですが、すい臓から分泌されるインスリンが血糖値を下げてくれています。
そして、ブドウ糖の一部はグリコーゲンとなり、肝臓、筋肉に蓄えられ、体の活動を支えるエネルギーとなります。

しかし炭水化物を一度にたくさんとると、血糖値が急激に上がり、それを下げようとするためインスリンが大量に分泌されてしまいます。
この状態のとき、ブドウ糖は肝臓で中性脂肪に変わり、体の脂肪細胞にため込まれてしまうため、太る原因になってしまうのです。

インスリン分泌量の多い少ないは、GI値(グリセミック・インデックス値)で表されます。
できるだけGI値の低い炭水化物をとることがダイエットの基本となり、目安は、GI値が60以下の食品です。
GI値の高い炭水化物をとるときは、できるだけ量を少なめにして、ゆっくり食べることが重要で、早く食べると血糖値が急激に上がり、インスリンの分泌が多くなってしまいます。
食べる順序が逆になってしまいますが、ケーキなどのデザー卜は、血糖値が上がっている食後に食べるより、血糖値が低い食前に食べるように心がけるとよいでしょう。
また、インスリンは副交感神経が働く夕方から夜にかけて分泌されるので、夜は軽めにとることが大事です。

これは、コーヒーダイエットに比べて、摂取する炭水化物のGI値を知らなければすぐに実践は難しいようです。また、私のように何が炭水化物になるのかを知らない人にとっては、もっと基本的な知識を得る必要がありますね。時間や費用といった部分は、そうかかりませんが、ちょっとお勉強が必要です。

≪ アミノ酸ダイエット| トップページへ |糖尿病食ダイエット ≫

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!