サイトマップリンクについてメール

トップページ > ダイエット法徹底比較> 黒酢ダイエット

黒酢ダイエット

黒酢ダイエットとは、黒酢30ccを毎日食後に飲み続けるだけで健康にやせられるダイエット法です。
酢には米酢、麦酢、玄米酢、果実酢などがあり、黒酢は主に米酢や玄米酢から作られ、太陽の下で壷の中に1年以上寝かせて熟成発酵させます。
黒酢がほかの酢と違う理由は、この作り方にあるのです。

黒酢の成分には、とくにアミノ酸が豊富で体内では作られない8種類の必須アミノ酸(リジン、アラニン、フェニールアラニン、アルギニン、バリン、グリシン、ロイシン、メチオニン)を含んでいます。
また黒酢には、クエン酸という成分を含んでおり,糖と脂肪を燃焼させる働きをします。
黒酢には、ダイエット以外にも疲労回復、免疫力の活性化、血液サラサラ、新陳代謝を良くする効果があり、貧血,肩こり、血栓防止、腎臓病などの予防にも役立ちます。

黒酢に含まれるアミノ酸は若返り効果もあります。

黒酢のアミノ酸が体内に取り込まれると、ヒト成長ホルモンという大切なホルモンが分泌され、古い細胞をどんどん新しい細胞に変えていきます。
ヒト成長ホルモンは、年を取るにしたがって分泌が減っていくため、積極的に黒酢のアミノ酸を摂取することで、いつまでも若さが保てるというわけです。

酢といえば、クエン酸効果が高いことで有名ですが、一般の酢に含まれているクエン酸は、わずか0.2%ですが、酢の主成分である酢酸とその他の有機酸のほとんどが、体内に入るとクエン酸に変化するのです。
クエン酸は、体に悪影響を与える酸性物質と結合してさまざまな酸に変化して、酸性物質を分解する働きをし、再びクエン酸に戻り、同じように酸性物質を分解していきます。
これが「クエン酸サイクル」と呼ばれる酢の効用です。
このサイクルがうまくいかないと、筋肉の中に乳酸がたまりはじめて、疲労、筋肉痛、肩こりなどの原因となり、さらに、体が酸性に変わってしまうのです。
つまり、日常的に酢をとっていると、体内の酸性物質は減少して体は、いつのまにか理想的なアルカリ性になり、疲労もなくなってしまうのです。

黒酢ダイエットの方法は、黒酢30ccを1日1~3回飲むだけですが、ただ、酸っぱくてそのまま飲めないという人は、水で薄めてハチミツをたらすと飲みやすくなります。
ただし、酢は強い賛成の食品ですから、胃などの粘膜を荒らしてしまう可能性があります。
そのまま飲むのは避けて、最低でも5倍以上に薄めて飲みましょう。

手軽さでは、コーヒーダイエットより上かなと思います。
ただし、“酢を飲む”ことに抵抗感がある人も多いはず。酢は、普段の料理に取り入れやすいものですから、特に肉料理などに利用すると、味もまろやかになっていいと思います。
普段の生活に取り入れやすいという点では◎です。

≪ 糖尿病食ダイエット| トップページへ |ウォーターダイエット ≫

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!