サイトマップリンクについてメール

トップページ > コーヒーの雑学> コーヒーの起源

コーヒーの起源

コーヒーの起源はいろいろな説があります。
主に「 コーヒー発見の2大伝説」 と呼ばれ、キリスト教説、イスラム教説が最も有力とされています。
キリスト教国での発見説の「ヤギ飼いカルディの話(エチオピア起源説)」とイスラム教国の説の「僧侶シェーク・オマールの話(アラビア起源説)」です。

まずカルディ伝説から紹介しましょう。
これは、レバノンの言語学者ファウスト・ナイロニの「眠りを知らない修道院」(1671年)に記されているもので、6世紀頃のエチオピア高原が舞台です。

コーヒーの起源キリスト教ヤギ飼いカルディは、ある日放し飼いにしていたヤギ達が、丘の中腹に自生している潅木の赤い実を食べて、昼夜の別なくひどく興奮しているのを発見しました。
近くの修道僧にこれを告げると、それでは試しに食べてみようということになり、食べてみると気分はみるみる爽快になり、体に活力がみなぎってきたのです。

夜も眠らず祈りを捧げることに徹していた僧達にとって、睡魔は恐るべき敵でした。
それからは、みんな祈りを捧げる前には赤い木の実を食べて、スッキリした気分で修行ができるようになり、徹夜の宗教行事のときに睡魔に苦しむ僧はいなくなったということです。

もう一つは、回教徒アブダル・カディの「コーヒー由来書」(1587年)に記されているお話で、13世紀頃のイエメンの山中が舞台です。
回教僧のシェーク・オマールは、領主の娘との関係 に疑いをかけられて、無実の罪でイエメンのモカからオーサバというところへ追放されてしまいました。
コーヒーの起源イスラム教食べるものもなく山中をさまよい歩いていると、一羽の鳥が赤い木の実をついばんでは、陽気にさえずっているのを見つけたのです。
試しにその実を摘んで煮出すと、何ともいえない独特の香りがし、飲んでみると、疲れが嘘のように消え去って元気が回復しました。

その後、医者でもあった彼は、この実を使ってたくさんの病人を救いました。
そして、罪を許されて再びモカへ帰り、聖者として人々にあがめられたということです。
その反面、アルコールを禁止されているイスラム教徒にとって、コーヒーの煮汁はアルコールに代わる興奮作用のある嗜好品でした。
まだ生の豆を煮た汁を飲んでいるだけだったので、青臭く、あまり美味しいとは言えない代物でしたが、コーヒーの煮汁は、とても重宝された飲み物だったようです。
コーヒーの発生、そして発見は、エチオピアに始まると言ってよいでしょう。

トップページへ |コーヒーの日本伝来 ≫

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!