サイトマップリンクについてメール

トップページ > おいしいコーヒーのいれ方> コーヒーを選ぼう

コーヒーを選ぼう

コーヒーの選び方お店で販売されているコーヒーは、大きく分けて「レギュラーコーヒー」「インスタントコーヒー」「コーヒードリンク」の3つに分類されます。
レギュラーコーヒーの特徴としては、焙煎したコーヒー豆、またはそのコーヒー豆を挽いて粉にしたもので、豆を挽き、粉にしてから抽出(ドリップ)して飲みます。

インスタントコーヒーの特徴しては、レギュラーコーヒーからコーヒーを抽出し、そのコーヒー液を乾燥させて粉末状にしたもので、熱湯・水など、適量の水分を加えて溶かして飲む一番、手軽なものです。

最後にコーヒードリンクの特徴は、レギュラーコーヒーから抽出したコーヒー(液体)が、缶やペットボトル等に充填されていて、いつでもどこでもパッと開けて飲むことができます。

おいしいコーヒーを飲むためには、新鮮なコーヒーを手に入れることが第一歩。
一度焙煎されたコーヒーは、時間が経つにつれて、味や香りといった風味を失っていきます。
パッケージ製品でも、量り売りで買うコーヒー豆でも新鮮なコーヒーを手に入れるようにしたいものです。

【パッケージ製品】
パッケージ製品には、パッケージされた製品の中には、すでに挽いてある「粉」の製品と、コーヒーミルで挽いて飲む「豆」の製品があります。
ほとんどの粉製品は、一般的に良く使われているペーパードリップやコーヒーメーカー等に合わせた挽き方(=中細挽き)になっているので、買ってからすぐにいれることができます。

また、「豆」製品の場合、挽くためのコーヒーミルが必要ですが、手持ちの器具に合わせて、飲みたいときに飲みたい分だけ挽くことができるので、より新鮮な味わいが楽しめます。
ホッとしたいとき、豆を挽くという作業もストレス解消にもってこいですよ。
パッケージされた製品を買うときには、必ず賞味期限をチェックしましょう。賞味期限とは「美味しく飲める期限」のことで、期限まで充分時間があって新鮮なことを確認して下さいね。

【量り売りコーヒー】
コーヒー専門店では、様々な種類のコーヒー豆を量り売りで欲しい量だけ買うことができます。お店の前を通るといい香りがして、ついつい誘われてしまいますよね。
販売されているコーヒー豆には、通常「ストレート」と「ブレンド」があります。
「モカ」や「ブラジル」といった、ひとつの産地の豆を「ストレート(単品)」と言うのに対し、それらのコーヒー豆を複数混ぜ合わせて新しい味わいを作り上げたものを「ブレンド」と言います。
量り売りの場合、少量買いもできますので、色々飲み比べて、好きな味わいを見つけてみましょう。

コーヒーを量り売り店で買う場合、お店で挽いてもらうこともできます。
その場合、自分の使用する抽出器具(ペーパードリップ、サイフォン等)を伝えて、使用器具に合った挽き方にしてもらいましょう。

また、自宅にコーヒーミルがあるなら豆のまま購入し、飲むたびに飲む分だけ挽くようにすると、より鮮度の高い味わいを長く楽しむことができます。コーヒーは挽くときに立つ香りも良いものです。

おいしいコーヒーを売っているお店を選ぶポイントは、コーヒー豆を入れたケースをチェックしてみましょう。ケースが直射日光にさらされていないかとか、ケースが豆からにじみ出た油分や殻などで汚れていないかなどをチェックしましょう。
また「良く売れている」ことも新鮮なものを置いている目安になるかもしれませんね。

≪ 苦手な人でも飲めるコーヒー| トップページへ

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!