サイトマップリンクについてメール

トップページ > コーヒーの雑学> コーヒー禁止令と代用コーヒー

コーヒー禁止令と代用コーヒー

7年戦争が終結した1736年、ザクセンはプロイセンの手に落ち、プロシア(現ドイツ)フリードリッヒ大王の統治下となりました。戦禍で荒廃した領土を復興させるために大王は、外貨を稼ぐ手段として経済政策を推進しましたが、コーヒー生豆を購入するために外貨が国外へ流出することに悩まされていました。

そこで、コーヒーの消費を減らす策として、コーヒーを“贅沢品”とした上で、医者を通じてコーヒーは身体に悪いと言わせたり、女性にとってコーヒーは良くないと吹聴したりしました。
そんな中、裕福な階層の人々は自らの富みを誇る手段として、かえって、値の張るコーヒーカップや銀器を手に入れることに専念したと言いますが、たとえ裕福であっても贅沢品のコーヒーは思うように飲めず、薄めるためにお湯で割って飲むスタイルが主流になりました。
色の薄いコーヒーを注ぐため、カップの底に絵柄をつけたマイセンのカップがはやり、特権階級の人々はそんなコーヒーを「小花コーヒー」と呼んで楽しみました。

それでも増加して行くコーヒー消費量は、植民地をもっていなかったドイツにとって、一方的な通貨の海外流出となり、国益を悪化させるばかりで、1777年9月13日にフリードリッヒ大王は、「コーヒー禁止令」を布告しました。1781年ついに「王室以外でのコーヒーの焙煎を禁止」し、コーヒーは貴族や司祭、将官といった上流社会のみが独占するものとなってしまったのです。
コーヒー禁止令
しかし、コーヒーを愛して止まない民衆の中には不法を承知でこっそりとコーヒーの焙煎が行う者もいて、不法焙煎を取り締まる役人まで現われることとなりました。
そんなコーヒーの消費を抑えようとする政策の中で、成長を遂げたのが「代用コーヒー産業」でした。
コーヒーにかわる飲物として「チコリ・コーヒー」の需要が増し、代用コーヒーの原料は、麦芽、大麦、ライ麦、サトウキビ、いちじく、南京豆、大豆、ドングリ、更には海草にまで至りました。
その後、20年余りに渡ってこの禁止令は続いたと言います。
しかし、コーヒーを飲みたいという人々の心まで取り締まることはできなかったようです。

≪ 薬としてのコーヒー| トップページへ |日本初のコーヒーショップ ≫

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!