サイトマップリンクについてメール

トップページ > おいしいコーヒーのいれ方

おいしいコーヒーのいれ方

ちょっと気をつけるだけで、いつものコーヒーが大変身!

コーヒー豆の選び方
コーヒー豆の銘柄
とっておきの1杯を
苦手な人でも飲めるコーヒー
コーヒーを選ぼう

コーヒー豆の選び方

コーヒー専門店へ行くと、メニューには、所狭しとコーヒーの銘柄が並んでいます。
金額が高い順に高級でおいしいんだろうなという程度で、どれがどんな味なのか、全部知っているという人は少ないでしょうね。
コーヒーの銘柄によっても味は違いますが、それらを焙煎の度合いによっても随分、味が変化します。
焙煎(ロースト)度合いは、だいたい8段階に分けられますが、大きく分けると
コーヒー豆の選び方
浅煎り(ライト・シナモン)
中煎り(ミディアム・ハイ・シティ)
深煎り(フルシティ・フレンチ・イタリアン)

になると思います。
それぞれの焙煎段階でそれぞれの美味しさが有りますので、あとは好みの問題になり、それがそのお店の特徴にもなります。

[コーヒー豆の選び方] 続きを読む
↑このページのTopへ

コーヒー豆の銘柄

コーヒー銘柄コーヒー豆といって、どんな種類を思い出しますか?
ブルーマウンテン、キリマンジャロ、モカ、コナなど、それぞれ原産地や味に特徴があります。
代表的な銘柄について、少し説明してみようと思います。

【キリマンジャロ】 原産地:タンザニア
酸味・甘み・コクに優れたコーヒー豆です。
高地で栽培されたこの豆は、そのバランスの良い酸味と苦味、雑味の無い後味、豊かに広がる芳香は世界中で愛されている銘柄です。
焙煎度合いは、「シティロースト」や「フルシティロースト」が適しています。

[コーヒー豆の銘柄] 続きを読む
↑このページのTopへ

とっておきの1杯を

おいしいコーヒーの入れ方おいしいコーヒーをいれるには、おいしい豆とおいしい水と器具と...そして、その味をさらに引き立てるためには、思いやりや愛情、小さな心配りが大切です。
コーヒーの入れ方にもペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォンなど、いろいろな方法があります。
また、一番手軽なインスタントコーヒーにも、ちゃんとおいしい入れ方があります。
代表的なところで、ペーパードリップとインスタントコーヒーのおいしい入れ方を以下にご紹介しようと思います。

[とっておきの1杯を] 続きを読む
↑このページのTopへ

苦手な人でも飲めるコーヒー

コーヒーといえば、日本ではかつて男性の飲み物、ビジネスマンの飲み物として普及してきました。喫茶店でも圧倒的に男性が多かったような気がします。
しかし、今では、ファーストフードやコーヒーの専門店、チェーン店が増えて、女性がひとりでも気軽に立ち寄ってコーヒーを飲むことができるようになりました。10代、20代の女性達にもコーヒーファンが急増し、家でも紅茶よりコーヒーを好んで飲む人が多くなりました。

しかし、男女を問わず、コーヒーは苦手だという人も少なくありません。女性の中でも紅茶やハーブティなどに凝っている人もたくさんいます。そんな人のために、普通のブレンドコーヒーではなく、ちょっとした工夫で飲めるようになるかも...ということで、いくつかそんなコーヒーをご紹介したいと思います。

[苦手な人でも飲めるコーヒー] 続きを読む
↑このページのTopへ

コーヒーを選ぼう

コーヒーの選び方お店で販売されているコーヒーは、大きく分けて「レギュラーコーヒー」「インスタントコーヒー」「コーヒードリンク」の3つに分類されます。
レギュラーコーヒーの特徴としては、焙煎したコーヒー豆、またはそのコーヒー豆を挽いて粉にしたもので、豆を挽き、粉にしてから抽出(ドリップ)して飲みます。

インスタントコーヒーの特徴しては、レギュラーコーヒーからコーヒーを抽出し、そのコーヒー液を乾燥させて粉末状にしたもので、熱湯・水など、適量の水分を加えて溶かして飲む一番、手軽なものです。

[コーヒーを選ぼう] 続きを読む
↑このページのTopへ

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!