サイトマップリンクについてメール

トップページ > コーヒーダイエットの方法> コーヒーに飽きたら

コーヒーに飽きたら

コーヒーもダイエットのために毎日、飲んでいると、飽きてしまう人もいると思います。
そこで、そういう時は、ちょっと趣向を変えて普段のコーヒーを使って、ちょっとひと工夫をしましょう。

【豆乳コーヒー】
コーヒーダイエットは、ブラックじゃなきゃ!って思うでしょ?
砂糖やミルクは、ダメなんですけど、同じミルクでも“ソイミルク”(豆乳)なら大丈夫なんですよ。
作り方は、いたってシンプル。まず、コーヒーをいれます。次に豆乳をちょっと温めてコーヒーが冷めないようにしてから、コーヒーにたっぷりとそそいでできあがりです。

豆乳には「女性の味方、美容ビタミン」といわれるビタミンB1,B2,B6が豊富で、さらに肌の健康を保つ役目をするビタミンEもたっぷりです。女性に不足しがちな鉄分は、なんと牛乳の10倍以上といいます。
「大豆イソフラボン」はダイエット時のホルモンバランスと調和し、「大豆イソフラボン」とともにコレステロール低下や肥満防止を高めてくれるという優れものですから、コーヒーと組み合わせると、その効果もあがりますね。

コーヒーダイエットバリエーション【寒天を入れてコーヒーゼリーに】
コーヒーが余ったら、寒天をくわえてゼリーにしましょう。
冷たい豆乳を飲むときには、コーヒーゼリーを小さく砕いて入れてみたり、コーヒーゼリーをメインにして、冷たい豆乳をかけても、とてもおいしいですよ。

寒天には、糸寒天、角寒天、粉寒天の種類があり、原料は海藻のテングサ、オゴノリなど。食物繊維が80%以上と、食物繊維含有率が1位の食品で、肥満の改善・予防から、糖尿病・高血糖、高脂血症・高コレステロール改善に効果があるといわれています。
コーヒーと組み合わせることで、ある程度の満腹感が得られ、口当たりもいいため、食べやすいと思います。

≪ ストレッチの方法| トップページへ

管理人サイト:
目指せ!便秘解消ダイエット!